マンション経営のメリット

経営するものなのか

マンションは買うもの!と決めつけてはいませんか?
確かに購入しないことには何も始まりませんが、マンションは購入の他に経営できる不動産なのです。

そこでマンション経営とは何かを考えれば、
簡単に言えば購入したマンションへ入居させた賃貸人からの月々の家賃で利回りを得ることです。

このマンション経営のメリットは、マンション購入資金を借り入れたとしても、
その返済分を賃貸人の家賃から返せることでしょう。

そして完済した暁には、自分の不動産資産として価値が残りますし、
自分で老後に住むこともできます。

この時点で売却しても損はありません。

たとえ購入時の価格にほど遠い物でも、
家賃収入ですでに利回りを得ているので、売却代金そのものが手元に残るのです。

ここで重要なのは家賃収入が見込める物件であるかどうかの選定ですが、
それは不動産投資会社に相談するのが望ましいでしょう。

長期的に考えて家賃収入の安定化が見込める物件なら、
躊躇する理由もあまりないのです。

 

利回り10%台も夢ではない

銀行預金の利息が低迷している中、利回り10%台も夢ではないのがマンション経営です。

そして投資するマンション物件が新築でなくてはいけない理由もありません。

重要なことは新築でも中古でもリセールバリューが高いことや、
賃貸人からの家賃代金が高く見込めることです。

そして空室状態が続かないことなどが条件になり、
利回りのメリットから見れば、むしろ新築よりも中古物件の方がマンション経営としては有利かもしれません。

中古マンション価格が下がっても、その土地にあることで家賃収入がみこめる物件なら、
まさにマンション経営が成り立つのです。

そしてこれを始める年齢も、老後などと悠長なことを言っていては機会損失してしまいます。

割とお若いうちから始めることができるのもマンション経営のメリットでしょう。

とにもかくにも利回りが見込める物件を手に入れるには不動産投資会社の扉をノックすることです。

そこから定期的な収入が手に入り、返済計画に頓挫することもないのですから。

Just another WordPress site